観なきゃ人生損してる!「名作映画」

これだけ観ておけば話の種になること間違いなし!これを見てないと人生損をする!
そんな名作映画をご紹介します。映画好きなら、全て観ておいて当たり前のレベル!もし、まだ観たことがない映画があれば、ゴールデンウィークに是非鑑賞してみてはいかがでしょうか。
まず一つ目は「タイタニック」です。映画の祭典、アメリカのアカデミー賞、各部門総なめのタイタニック。
儚く切ない愛に心が打たれます。観たことがなかったら絶対に観ましょう!
つぎに「きみに読む物語」です。愛する人がアルツハイマー病になってしまい、その喪失感と心の底にある深い愛を確かめる物語です。
究極のラブストーリーといえるこの作品、ぜひ見てみてください。
そして最後にご紹介したいのが、「グリーンマイル」です。不思議な力を持つ死刑囚の青年を描いた物語。命の尊さ、儚さ、何とも言えない感情がこみ上げてきます。見たことがなかったらぜひ見てください。
今回こちらでご紹介した3作品は、名作の中の名作です。ぜひ一度ご覧になってください。

ときめく映画

恋愛がしたくなる、胸キュンときめき映画をご紹介します。
「恋がしたい」「愛したい」という気持ちをより一層高める映画。片想いの人でも両想いの人でも、辛いこともあるけどやっぱり恋愛は楽しいものですよね。そんな恋愛のをテーマにした、恋をしている人も恋がしたい人も楽しめる映画をご紹介します。
まず「きみに読む物語」です。若いころ、おぼれるように恋に落ちた二人。さまざまな困難を乗り越え、何度も手紙を送ったり、真実の愛を貫いてきた。しかしそんな二人にやってきたのは、苦しくも辛くとも、美しい愛の形と奇跡だった。愛を貫き通すことの美しさと素晴らしさを描いたこの作品。物語の意味を知った時、涙が止まらなくなります。
そしてもうひとつは「ラブアクチュアリー」です。クリスマス間近のイギリスを舞台にしたこの作品。男女19人の恋愛模様がコミカルにテンポ良く描かれています。それぞれの愛の形を教えてくれる素敵な作品です。見ていてキモチが温かくなる映画です。
いかがでしたでしょうか。恋したくなったり、胸キュンしたりしたくなったら、恋愛映画を見てみてはいかがでしょうか。

泣ける映画

絶対に泣ける!そんな泣ける映画をご紹介します。
ストレスが溜まったりして、なんだか思いっきり泣きたいときはありませんか?
世の中に「泣ける映画」はたくさんありますが、その中でも絶対に泣ける映画をご紹介します。
まずは「トイ・ストーリー3」。前作の「トイ・ストーリー」と「トイ・ストーリー2」を見ているのであれば絶対に見てほしい作品です。
たかがアニメと思うかもしれませんが、されどアニメです。アニメの中でも最高傑作の作品なのではないでしょうか?
つぎに、「ダンサーインザダーク」。泣きを狙ったハリウッドの単純な作品ではなく、とても深く考えさせられてしまう映画です。
今回紹介をした「絶対泣ける映画」を見て思いっきり泣いて気分転換やストレス解消をしてみてはいかがでしょうか?

人気声優が実写映画初主演

人気声優の花澤香菜さんが3月に公開される映画「君がいなくちゃだめなんだ」の主演を務めることになったそうだ。花澤さんが実写映画の主演を務めるのは初めてで、同名の主題歌も担当するとのこと。映画は花澤さんのミュージックビデオを手掛けてきたムラカミタツヤさんが監督を務め、「サンダンス・NHK 国際映像作家2009」でグランプリを受賞した倉田健次さんが脚本を担当するそうだ。花澤さんは主人公の絵本作家・楓アンを演じ、父親役は「一世風靡セピア」のリーダーとして活動し、現在は俳優として活躍している小木茂光さんが務める。
花澤さんは「サイコパス」「ニセコイ」「ロウきゅーぶ!」など人気アニメに多数出演し、「日本一忙しい女性声優」と呼ばれている。小さいころから子役として活動していたそうだ。ちなみに「日本一忙しい男性声優」は浪川大輔さんなのだそう。かつては声優と言う職業の人はほとんど顔を出さず、「この声はどんな人が当てているのだろう?」と謎のヴェールに包まれていることが多かったが、最近ではこの声はこの人、と言うのがはっきり分かる。それゆに想像とかけ離れているとガッカリ…ということも起こりやすい。だからなのか、最近の声優さんはアイドル並みに容姿もよく、人気が高い。声優にもそうしたものが求められる時代になったということなのだろうか。

i Pod Classicが高値で取引されている?

すでに生産が終了している、i Pod Classic。そのi Pod Classicがネットを中心に高額で取引されているという。
中古市場では元値の4倍を超える価格。オークションサイトでは10万円を超えているというのだから、驚きだ。
なぜこんなにも人気になっているのだろうか。iPod touchや今ではi Phoneでも十分に音楽を聴ける時代。
しかし、i Pod Classicは、160GBという大容量、それにプラスして、洗練されたデザインで手になじみ、離れられないユーザーが多くいるという。アルバム単位でのシャッフルが可能なことや、カーオーディオ専用の再生端末としても利用できるため、今もなおファンは多い。
では、なぜ生産終了なのか?それは部品の材料の調達が難しくなったことが原因。
もし、家に眠っている、i Pod Classicがあったら、売ってみてはいかがだろうか。

ウエイターズレースジャパン

ウエイターが瓶とグラスを載せたトレーを手に速さと身のこなしの優雅さを競う「ウエイターズレースジャパン」というレースがあるらしい。横浜市中区の日本大通りで開催され、約90人の選手が出場したそうだ。選手たちは勤務先のユニフォームに身を包み、1人300メートルずつ走った。同レースは仏・パリに倣い、ウエイターの地位向上や観光資源の創出を狙って2011年に初開催。今年から「ウエイターズレース横浜」の名称を変更し、主催団体も日本ウエイターズレース協会として再発足された。

レストランなどのウエイターは一見優雅にやって見せているが、トレーの上にボトルや飲み物の入ったグラスを片手で持って歩くのでさえ慣れていないと大変なこと。優勝者はそれだけウエイターとして経験も技術もあるということだ。ところで女性のウエイターを指して「ウエイトレス」という呼び方もあったが、最近では使われていないようだ。またフランス語に由来した「ギャルソン」という呼び方もある。ただギャルソンとは本来少年を指す言葉なので、フランスであまり若くないウエイターに「ギャルソン」と声をかけるのは失礼にあたるので注意。

名画座

主に旧作映画を上映する映画館が名画座と呼ばれている。名画座の番組編成は、単に作品を寄せ集めたものから、テーマ別に作品をそろえて上映しているもの、また比較的最近に公開された映画を中心にするもの、公開年次に限らず上映するものまで様々である。2本ないし3本仕立てて上映するところが多く、作品ごとの入れ替え制はなく途中入館が可能である。なので途中で腹ごしらえしてもう1本、ということもできてしまう。最新の音響設備が整った大スクリーンで超大作を鑑賞するのもいいが、昭和の香りが残る名画座で、つい見逃してしまった準新作映画や古典的名作を格安で鑑賞するのも楽しい。近年都内では名画座の閉館が相次いでいる。設備が古かったり、最新の3D作品に対応していなかったり、またレンタルDVDケーブルテレビ放送などが普及している現代、生き残っていくには難しいが、こういった場所が無くなっていってしまうのはやはり寂しい。古き良き昭和の名残を何とか維持して守っていってほしい。

シザーハンズ

1990年のアメリカ映画。監督はティム・バートン。主演はジョニー・デップ、ヒロインはウィノナ・ライダー。

とある孤独な発明家によって生み出された人造人間・エドワード。しかし発明家はエドワードを完成させる前にこの世を去ってしまったため、両手がハサミの姿のまま取り残されてしまう。

ある日エドワードの住む城に化粧品を売りに来たペグに引き取られ、ペグの家族や町の人々と生活するようになる。ハサミの手を利用して、植木の剪定やペットの毛のカットなどをするうちにエドワードは人気者になっていく。純真無垢なエドワードはやがてペグの娘・キムに恋をするが、ハサミの手をしたエドワードは彼女を抱きしめることはできない、という美しくも哀しいラブストーリーである。

イースターパレード

イースターパレードは、1950年のアメリカ映画だと思う。

1912年、ブロードウェイのスター・ダンサーであるドン・ヒューズは、パートナーのナディーン・ヘイルにイースター・プレゼントを渡そうとするが、彼女はソロ出演の仕事が入ったからと、ドンの説得むなしく彼のもとを去ってしまった。

しかも、ナディーンはドンの親友ジョニーことジョナサン・ハロウ3世に惹かれていることが分かったため、恋人同士として付き合っていくこともなくなった。 酒場でしょんぼりしていたドンにジョニーは励ましの言葉をかけるが、ドンは新しいパートナーを見つけたと答えた。 そのパートナーとは、酒場の歌手ハンナ・ブラウンだったが、彼女はダンスに関しては素人だったという。

イーストウッド

1959年からCBSで放映されたテレビ西部劇『ローハイド』で、ロディというカウボーイを演じる。同作品は約7年間に亘り220話近く製作された人気シリーズとなり、イーストウッドの知名度と人気は世界的に高まった。1964年にはセルジオ・レオーネ監督にイタリアに招かれ、マカロニ・ウェスタンの嚆矢でありかつそれを代表する作品となった『荒野の用心棒』に出演。その後も『ローハイド』の撮影の合間を縫って『夕陽のガンマン』、『続・夕陽のガンマン/地獄の決斗』と都合3作のレオーネ作品に出演した。この3作品で名無しの男を演じたイーストウッドはレオーネを師と仰ぎ、レオーネの逝去まで交友を続けた。これらの映画の人気により、イーストウッドの映画俳優としての評価はヨーロッパが先行し、アメリカに逆輸入された形となった。