実写「火花」なぜネット配信?

第153回芥川賞を受賞し、累計250万部を超えるお笑いコンビ「ピース」又吉直樹の処女作「火花」。映画配給会社、テレビ局など数社の争奪戦となった実写版は、映像配信の”黒船”Nextflixで6月3日から全10話、計530分が一斉配信されるだ。なぜネット配信なのだろうか?
当然ながら「火花」の映像化権にはオファーが殺到したという。Nextflixに決まったポイントは3つ。1つ目は「クリエイティブファーストの概念」だという。さまざまなオファーが舞い込む中、Nextflixには”条件”がなかったそうだ。
「キャスティングも監督のクリエイティブも、公開の時期も任せますという環境。『又吉さんの世界観をそのまま映像化してください』と、それ以外に商業的な縛りがなかった」という。数字が見込める人気者を並べて、欲を言えば作家の又吉が出演したりすればニュースにもなるぞ…などと話題性ありきの作品作りは最初から排除。実際、一部では又吉が監督や主演を務めるとの憶測も飛び交ったが、プロット作りなど製作の初期にしか又吉は関与していないと言う。
ドラマは原作に忠実で、放送コードの制限がないため、賛否両論あった衝撃の”大オチ”も健在だそうだ。又吉からの注文は「盛り上げるために変なエピソードを付け加えるのはやめましょう。今ある世界観を延ばしましょう」の1点。単行本で152ページほどの中編だった原作の”行間”を徹底して膨らませたという。
小説好きを公言する又吉の独自の感性がにおい立つ文体と芸人の肌感覚が成立させた「お笑い」という世界の文学的青春劇は、派手さを欠くとの見方から映像化に向いていないとの意見もあったそうだ。だが、「450分尺の映画」を目指した実写版では、主人公・徳山の相方・山下とのコンビ関係や芸能界での浮き沈みを丁寧に描写。所属事務所の社長やマネージャー、山下の恋人ら原作にいないか存在が希薄だった人物を色濃く描き、又吉が作った「火花ワールド」を地続きで豊穣にしているとのこと。
2つ目には、よしもとの「海外戦略」があるという。現在Nextflixは世界190カ国をカバー。インドネシアで人気となったCOWCOWの「あたりまえ体操」など、社を挙げて笑いの国境越えを目指しており、「2人がマイクの前でしゃべるだけの職業があることが世界に伝わっていけばいい。”マンザイ”を世界に出していく窓口になってほしい」と期待しているようだ。
3つ目は「ビジネス的なメリット」が大きかったことだという。Nextflixには「配信の権利」だけを渡す契約で、よしもとはパッケージ化など今後の展開においてハンドリングをしやすい。逆に地上波で放送することもでき、グッズを作ったり、マルチメディアでの展開もしやすいとのこと。
映像表現や時間尺の制限が少なく、自由に作品を作れる環境。海外に”マンザイ”を輸出したい会社としての戦略。そして、製作後の展開に広がりがあること。従来の枠組みにとらわれない3つのポイントが、映画でも地上波でもない「火花」を誕生させたのだ。
実写版の出来は作者の又吉も気に入っているそうだ。制約がなく世界観を追求した「火花」、ぜひ観てみたい。

韓国政府に仏像返還を求める集会

12日韓国のソウルで、長崎県対馬市の寺から韓国人が盗んだ仏像の返還を求める集会が開かれたという。
集会には50人ほどの韓国人が参加し、「盗んだ仏像を返さないなら、法治国家と言えない」とし、韓国政府に呼びかける様子が見られた。
盗まれた仏像は、観音寺にある「観世音菩薩坐像」長崎県では指定有形文化財になっている。
4年前に盗まれ、翌年に盗んだ韓国人が検挙されたが、押収された仏像は韓国に保管されたままである。
これには事情があり、韓国の浮石寺が、過去に日本に存在した海賊の倭寇に略奪された仏像だと所有を主張したというもの。浮石寺は、仏像を引渡すよう韓国政府に訴訟を起こしているという。
集会の主催は、日韓の歴史問題の解決を図る韓国政党で、徴用工の遺族なども参加した。今後も署名運動など、活動を続けていくとのことだった。
仏像に作者名など印字されていないのだろうか。日本のものなのか韓国のものなのか、はっきりわかるのはいつなのだろう。

笑点の後任司会者は?

笑点の司会の後任について、落語界の関係者は「笑点の内部昇格の可能性が高い。中でも円楽さんが最も現実味がある」として、三遊亭円楽さんが時期司会者の最有力候補とみています。
昨夏に歌丸が入院したとき、回答者全員が順番で司会を務めた時も円楽の司会ぶりが最も好評でした。
4代目司会者で円楽の師匠の故五代目三遊亭円楽さんが歌丸と親友だったということもあり、後継として指名されることもあるかもしれません。
また、歌丸に次ぐ笑点キャリアの木久扇さんもあるのでは?と林家木久扇を挙げる関係者も中にはいます。
円楽や木久扇の内部昇格となった場合は、空きが1人できます。その空きの回答者には、木久扇の長男、林家木久蔵の起用を指摘する声もあります。

シェークスピアの頭骨、盗掘か

イギリスの劇作家シェークスピアの没後400年を記念し、考古学者が墓の内部をレーダー探知機で調査したところ、頭骨が亡くなっている可能性が高いことが24日までに分かったという。
事実であれば、18世紀末に頭骨が盗掘されたと伝える書物を裏付ける発見となるとのこと。
シェークスピアは故郷のストラトフォード・アポン・エイボンの教会で、床下1メートルの土中に眠っている。真上の床にある墓碑には「私の骨を持ち去るものに呪い荒れ」などと書かれているという。
教会牧師は「故人の遺志に沿って、墓の尊厳を守る」と語り、墓を暴くことを許可していないそうだ。頭骨を盗んだ人物はその骨をどうしたのだろうか…?

サメ探索ドローン、運用開始

オーストラリアで、いよいよ「サメ事故の警戒&救助ドローン」の運用が開始された。
サメ警戒ドローン「リトルリッパー」は、高解像度カメラでサメを発見し、海水浴客を助けるドローンだ。緊急事態には「医療機器やサメ撃退グッズ、3人乗りの膨張式イカダの入ったポット」を投下しすることで、人をサメから守るという。150分間空中浮遊が可能。
また、現在、サメの種類が識別できるソフトウェアの開発が進められている。
リトルリッパーは、1台あたり25万オーストラリアドル。日本円にして約2000万円と高価なものになった。
ドローン導入地域となったオーストラリアのニューサウスウェールズ州は、昨年14人がサメに襲われ、うち1人は死亡しているという。今後、リトルリッパーが成果をあげれば、さらに40機の追加される見通しだ。
ドローンを使うと人件費が抑えられるため「コストの削減」も期待されているという。
探索・発見はともかく救助の性能はどのようなものなのだろう。海上や広い森林だと、人の目で対象を見つけるのは難しい。まさにドローンの使いどころだ。

ゆうちょ銀行、貯金金利を引き下げ

ゆうちょ銀行は、2月8日、通常貯金や定額貯金、定期貯金などの金利を今月の9日から一斉に引き下げることを発表しました。
日銀が初のマイナス金利政策の導入を決定していて、長期金利などが低下しているのを受けた措置とのことです。
普通預金に当たる、通常貯金は、0・020%に引き下げて、2007年の郵政民営化以降では最低の水準となります。
みずほ銀行も定期預金の金利の追加引き下げを、今月の8日に決定するなど、マイナス金利導入決定の国民生活への影響が広がっています。

初代「金さん」中村梅之助さん死去

劇団前進座の代表で、テレビドラマ「遠山の金さん捕物帳」の初代金さん役などでも知られる俳優、中村梅之助さんが死去したことが19日に分かった。85歳だったそうだ。
1930年、前進座創業メンバーの中村翫右衛門の長男として生まれ、9歳で4代目中村梅之助として初舞台を踏んだ。45年に同座研究生となり、全国各地の巡業などに参加したそうだ。70年、テレビドラマ「遠山の金さん捕物帳」で主役の初代遠山金四郎に抜擢され、お茶の間の人気者となった。その後NHKの大河ドラマ「花神」で村田蔵六役、「伝七捕物帳」で伝七役など時代劇を中心に骨太な男たちを演じてきた。
その後は創立メンバーに続く第2世代の中心として父の持ち役を受け継ぎ、同座の舞台を率いてきた。代表作は「勧進帳」の弁慶、「権三と助十」の権三など。長男は俳優、中村梅雀。
ここ最近毎日のように訃報のニュースを目にする。急に冷え込んだこともあり、体調を崩す人も多いのではないだろうか。

群馬、外国人の3割超が生活保護受給

群馬県大泉町では、外国人が人口の16%を占める。そして、生活保護を受給している外国人が2014年度末時点で171人となった。世帯数は97で、町全体の受給者の3割を超えるという。町の予想では、日本語の習得が不十分なため、就労の機会が満足に与えられていないことが引き起こした生活困窮ではないかということだ。
町福祉課によると、2014年度末の生活保護受給者は町全体で527人、世帯数は382。このうち外国人は97世帯171人で、全体の32.4%を占めるという。2010年度末では町全体で262世帯377人、うち外国人は56世帯104人で27.6%だった。ブラジル人が多いそうだ。
町長の村山俊明氏は、外国人の生活保護受給者が年々増えている現状に「日本語がわからない外国人が雇用の場を求めて来ても、解雇されやすい状況が目立っている」と述べ、不安定な就労環境が要因との見方を示した。今後町は、ハローワークなどの求人施設と協力しながら外国人の就労支援を進める方針だという。
近年回復傾向にあるとされている求人就労だが、まだまだすべてにおいてうまくいっているとはいえないようだ。正しい対応が望まれる。

下町ロケット、今年最高20.4%

俳優の阿部寛が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」の第8話が6日に放送され、平均視聴率は20.4%だったことが12月7日、分かりました。
2度目の「大台」超えとなり、第5話20.2%を上回って、自己最高を記録しました。
3月18日放送のテレビ朝日系列の「相棒season13」最終回の20.3%を上回り、今年の民放連続ドラマ1位に躍り出ました。
瞬間最高視聴率は、午後9時51分の22.2%。
初回16.1%、第2話17.8%、第3話18.6%、第4話17.1%、第5話20.2%、第6話17.8%、第7話17.9%と推移し、今クールのドラマでは堂々の首位を独走しています。
池井戸氏原作をドラマ化した「半沢直樹」、「ルーズヴェルト・ゲーム」を手掛けた脚本家の八津弘幸氏、演出は福澤克雄氏が三たびタッグを組んでいる「下町ロケット」。
最終回に向けて、今後どのように視聴率をあげていくのか、そこも見ものです。

ごきげんよう終了へ

フジテレビは17日、小堺一幾が司会を務める「ライオンのごきげんよう」を来年3月末で終了すると発表。1984年10月にスタートした前身の「ライオンのいただきます」から愛された長寿番組が、約31年の歴史にピリオドを打つ。
ゲストがサイコロを転がし、出たお題に沿ってトークを展開。延べ1万人以上のゲストを迎えてきた小堺さんは「他の仕事で新しい現場に行っても、舞台をやるとなっても、必ず共演した方がいるんですよ。本当に財産だと思います。感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げに話しているそうだ。
28歳で番組を始めた小堺さんは来年1月に還暦を迎える。小堺さんは来年4月から同局で別の新番組をスタートさせるという。
また、64年5月にスタートし「ごきげんよう」に続いて放送された昼ドラ枠も来年3月で終了するそうだ。お昼の長寿番組が次々と終了してしまうのは寂しいが、新たにどんな番組が始まるのかが楽しみだ。