サメ探索ドローン、運用開始

オーストラリアで、いよいよ「サメ事故の警戒&救助ドローン」の運用が開始された。
サメ警戒ドローン「リトルリッパー」は、高解像度カメラでサメを発見し、海水浴客を助けるドローンだ。緊急事態には「医療機器やサメ撃退グッズ、3人乗りの膨張式イカダの入ったポット」を投下しすることで、人をサメから守るという。150分間空中浮遊が可能。
また、現在、サメの種類が識別できるソフトウェアの開発が進められている。
リトルリッパーは、1台あたり25万オーストラリアドル。日本円にして約2000万円と高価なものになった。
ドローン導入地域となったオーストラリアのニューサウスウェールズ州は、昨年14人がサメに襲われ、うち1人は死亡しているという。今後、リトルリッパーが成果をあげれば、さらに40機の追加される見通しだ。
ドローンを使うと人件費が抑えられるため「コストの削減」も期待されているという。
探索・発見はともかく救助の性能はどのようなものなのだろう。海上や広い森林だと、人の目で対象を見つけるのは難しい。まさにドローンの使いどころだ。

ゆうちょ銀行、貯金金利を引き下げ

ゆうちょ銀行は、2月8日、通常貯金や定額貯金、定期貯金などの金利を今月の9日から一斉に引き下げることを発表しました。
日銀が初のマイナス金利政策の導入を決定していて、長期金利などが低下しているのを受けた措置とのことです。
普通預金に当たる、通常貯金は、0・020%に引き下げて、2007年の郵政民営化以降では最低の水準となります。
みずほ銀行も定期預金の金利の追加引き下げを、今月の8日に決定するなど、マイナス金利導入決定の国民生活への影響が広がっています。

初代「金さん」中村梅之助さん死去

劇団前進座の代表で、テレビドラマ「遠山の金さん捕物帳」の初代金さん役などでも知られる俳優、中村梅之助さんが死去したことが19日に分かった。85歳だったそうだ。
1930年、前進座創業メンバーの中村翫右衛門の長男として生まれ、9歳で4代目中村梅之助として初舞台を踏んだ。45年に同座研究生となり、全国各地の巡業などに参加したそうだ。70年、テレビドラマ「遠山の金さん捕物帳」で主役の初代遠山金四郎に抜擢され、お茶の間の人気者となった。その後NHKの大河ドラマ「花神」で村田蔵六役、「伝七捕物帳」で伝七役など時代劇を中心に骨太な男たちを演じてきた。
その後は創立メンバーに続く第2世代の中心として父の持ち役を受け継ぎ、同座の舞台を率いてきた。代表作は「勧進帳」の弁慶、「権三と助十」の権三など。長男は俳優、中村梅雀。
ここ最近毎日のように訃報のニュースを目にする。急に冷え込んだこともあり、体調を崩す人も多いのではないだろうか。

群馬、外国人の3割超が生活保護受給

群馬県大泉町では、外国人が人口の16%を占める。そして、生活保護を受給している外国人が2014年度末時点で171人となった。世帯数は97で、町全体の受給者の3割を超えるという。町の予想では、日本語の習得が不十分なため、就労の機会が満足に与えられていないことが引き起こした生活困窮ではないかということだ。
町福祉課によると、2014年度末の生活保護受給者は町全体で527人、世帯数は382。このうち外国人は97世帯171人で、全体の32.4%を占めるという。2010年度末では町全体で262世帯377人、うち外国人は56世帯104人で27.6%だった。ブラジル人が多いそうだ。
町長の村山俊明氏は、外国人の生活保護受給者が年々増えている現状に「日本語がわからない外国人が雇用の場を求めて来ても、解雇されやすい状況が目立っている」と述べ、不安定な就労環境が要因との見方を示した。今後町は、ハローワークなどの求人施設と協力しながら外国人の就労支援を進める方針だという。
近年回復傾向にあるとされている求人就労だが、まだまだすべてにおいてうまくいっているとはいえないようだ。正しい対応が望まれる。

下町ロケット、今年最高20.4%

俳優の阿部寛が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」の第8話が6日に放送され、平均視聴率は20.4%だったことが12月7日、分かりました。
2度目の「大台」超えとなり、第5話20.2%を上回って、自己最高を記録しました。
3月18日放送のテレビ朝日系列の「相棒season13」最終回の20.3%を上回り、今年の民放連続ドラマ1位に躍り出ました。
瞬間最高視聴率は、午後9時51分の22.2%。
初回16.1%、第2話17.8%、第3話18.6%、第4話17.1%、第5話20.2%、第6話17.8%、第7話17.9%と推移し、今クールのドラマでは堂々の首位を独走しています。
池井戸氏原作をドラマ化した「半沢直樹」、「ルーズヴェルト・ゲーム」を手掛けた脚本家の八津弘幸氏、演出は福澤克雄氏が三たびタッグを組んでいる「下町ロケット」。
最終回に向けて、今後どのように視聴率をあげていくのか、そこも見ものです。

ごきげんよう終了へ

フジテレビは17日、小堺一幾が司会を務める「ライオンのごきげんよう」を来年3月末で終了すると発表。1984年10月にスタートした前身の「ライオンのいただきます」から愛された長寿番組が、約31年の歴史にピリオドを打つ。
ゲストがサイコロを転がし、出たお題に沿ってトークを展開。延べ1万人以上のゲストを迎えてきた小堺さんは「他の仕事で新しい現場に行っても、舞台をやるとなっても、必ず共演した方がいるんですよ。本当に財産だと思います。感謝の気持ちでいっぱいです」と感慨深げに話しているそうだ。
28歳で番組を始めた小堺さんは来年1月に還暦を迎える。小堺さんは来年4月から同局で別の新番組をスタートさせるという。
また、64年5月にスタートし「ごきげんよう」に続いて放送された昼ドラ枠も来年3月で終了するそうだ。お昼の長寿番組が次々と終了してしまうのは寂しいが、新たにどんな番組が始まるのかが楽しみだ。

ひとりで観たいオススメの「おしゃれな映画」

ひとりで観たいオススメの「おしゃれな映画」をご紹介します。
一つ目は、「悪魔を着たプラダ」です。
女性ファッション誌の鬼編集長の下で酷使される主人公。
ファッションになんの興味もなかった主人公でしたが、文芸誌の編集者になるという夢のために、日々のストレスに懸命に耐えて頑張ります。その内にファッションの魅力に取り付かれて、のめり込んでいく・・・。
親しかった人間とは疎遠になったり、それでも彼女は我が道を突き進もうとするが、果たして・・・。
二つ目は、「ノッティングヒルの恋人」です。
ぱっとしない本屋店主の主人公。そんな彼が、ある時街角でぶつかった拍子に女性にオレンジジュースをかけてしまう。
服をなんとかするため家に招く・・・。sの彼女はなんとハリウッドのスター女優であることがわかる。
彼女と、書店店主の自分との身分差に思い悩んで、いったんは諦めようと決意するが、果たして・・・。
オススメノ二つの作品。
ソファーに深く腰かけながらぼーっと観てしまうおしゃれな映画をピックアップしました。週末や休日に楽しんでくださいね。

釣りバカ”平成のハマちゃん”は濱田岳

若手俳優でダントツの愛されキャラの濱田岳。今年上半期のタレント別CM露出量で男性の首位に輝き、国民的人気映画を連続ドラマ化する「釣りバカ日誌~新入社員 浜崎伝助~」で主役抜擢が発表されると、「ハマり役」と大歓迎された。
おちゃめでほのぼのとした雰囲気や、どこか憎めないキャラクターは釣りバカのハマちゃんのイメージそのもの。のびのびと役に臨んでいると思いきや、「撮影初日は緊張で手が震えました。自分でもびっくりしちゃいましたよ」と明かす。子役時代を含め俳優生活17年で初めてのことだそうだ。朝原雄三監督をはじめ、映画に携わったスタッフがドラマにも参加。「その人たちの前でハマちゃんをやるのは相当なプレッシャーです。」という。
釣りバカは西田敏行と故三國連太郎のコンビで88~09年に22作が公開された人気シリーズ。今回、映画を手掛けた松竹も制作に加わり、映画では釣り好きの中年サラリーマンだった主人公・浜崎伝助の新入社員時代を描く。映画でハマちゃんを演じた西田が盟友のスーさん役に転身することも話題となっている。昔からの釣りバカファンにも楽しみな作品となりそうだ。

歴史的な名作、「ローマの休日」

無名だった女優、オードリー・ヘップバーンが一躍大女優となった作品「ローマの休日」。
オードリー・ヘップバーン演じる、ヨーロッパの古い歴史と伝統を持つ某国の王女アンは、表敬訪問中のイタリアのローマで自由のない日々の生活への不満により、お城を抜けだします。自由の身となった王女アンは、アメリカ人新聞記者と出会い、ふたりでローマを観光し、愛が生まれるというストーリーです。
ローマの休日が与えた世界への影響力は計り知れません。
イタリアのローマが観光スポットとして爆発的に人気になったり、スペイン広場でジェラートを食べるシーンが劇中にあったことから、スペイン広場でジェラートを食べることがブームになったりと、様々な影響力を残しました。
また、オードリー・ヘップバーンが劇中で履いていたサンダルは、その後「ヘップバーン・サンダル」と呼ばれるなど、ファッション界にも大きな影響をもたらしました。
不朽の名作「ローマの休日」。まだ見たことのない方はぜひ一度観てください。

スチャダラパーが「水戸黄門」に出演

ラップグループ・スチャダラパーのANIが6月29日21時からTBS系で放送される「水戸黄門スペシャル」に出演することが分かったそうだ。
今年1月にリリースされたスチャダラパーのアルバム『1212』のジャケットでちょんまげ姿を披露していたANI。「水戸黄門スペシャル」には漁師役で出演し、今回の発表にあわせて劇中ビジュアルも公開されているという。
ミュージシャンで俳優として活躍することは少なくないが、近年中でも注目されているのは、スチャダラパーとも縁のある電気グルーヴのピエール瀧ではないだろうか。最初はほんの脇役から、その才能を見いだされ今では主役を務めるまでになっている。
ミュージシャンが端役でドラマや映画に出演する際はあまり期待されないことも多いが、今回の出演で才能を発揮すれば、ANIもピエール瀧のように俳優としての活躍の場が広がるのだろうか。