潮風のいたずら

高慢だった富豪夫人の女性が記憶を失い、かつて難癖つけて代金を支払わなかった大工に連れていかれ、家事をやらされる。

そんな生活の中で次第に優しさを備えていき、大工の子供達には本当の母親の様に愛情を持って接する様になる。

やがて夫が現れると一気に記憶が戻り、後ろ髪ひかれる思いで元の生活へ。それでもやっぱり、戻ってきた。
大工と子供達、本当の家庭に。

記憶を失う事によって彼女は新しい自分と出会い、成長していったのだろう。そして記憶が戻ってからも無くなる事はない、本当の人生を手に入れる事ができた。

ハッピーエンドが読める展開ではあるが、素晴らしい映画だ。

生きる 黒澤明

毎日形式的な仕事のみをし、無気力な日々を送る主人公。
ある日体調が悪く、検診を受けたところ胃がんで余命いくばくもない事を知る。
絶望の中で酒場などに出向き楽しみを見つけようとするが、シックリ来ない。

そんな状況の中、住民が熱望していた公園づくりに残りの命を燃やし、急に人が変わった様に働き出す。
そして最後は完成した公園のブランコに揺られながら、死んでいく・・・

葬式での同僚たちの会話シーン、明日からは自分達も力の限り仕事をしよう、と酔いながら誓い合うものの、翌日はやっぱりいつもの様に形式的で変わりの無い日常となる。

人はそう簡単に変わらない、それもまた「生きる」ことの側面なのだ。

黒澤明監督の作品の中ではひときわ地味なストーリーの映画だが、「生きる」とは何か、という無言の問いかけをされている様で胸に響く。

 

ペーパームーン

母親を事故で亡くしたばかりの9歳の少女(アディ)と、聖書を売り歩く詐欺師の男(モーゼ)の奇妙な旅。
憎まれ口をたたき合いながら、行く先々でビジネス(聖書売りの詐欺)を展開し、アディの機転でうまくいったりもする。

いつしかアディはモーゼを本物の父親の様に感じる様になる。

例えそれが紙の月であっても、信じれば本物に変わる。
スタンダードソングであるIt’s Only a Paper Moonの世界が根底にある、感動のロードムービーだ。