アトランティスのこころ

そこまで古くは無いですが、2001年のアメリカ映画。

写真家ボビーのもとに幼なじみの訃報が届く。生まれ故郷に戻ったボビーはそこで、過去の出来事を思い起こす。それは1960年の夏。11歳のボビーは友だちのキャロルとサリーの3人で楽しい毎日を過ごしていた。そんなある日、彼と母親が二人で住む家の二階に新しい下宿人テッドがやって来た。知的で物静かなその老人にはある不思議な力があった。父を早くになくしたボビーは、そんなテッドに特別な親しみを感じていく。しかし、テッドはその不思議な力のために謎の男たちから狙われていた。

スティーブン・キングの小説の映画化だが、これは上巻と下巻の最後の部分。
小説の方では盛り上がるのは下巻の中盤辺りなのだが、映画としては美しい少年時代の情景と、郷愁に浸るラストの部分というのは妥当だろう。

小説とは違った味わいで、少年時代の記憶の曖昧さを見る事もできる。
随所にオールディーズの名曲が流れ、ゆったりした鑑賞が楽しめる。