笑点の後任司会者は?

笑点の司会の後任について、落語界の関係者は「笑点の内部昇格の可能性が高い。中でも円楽さんが最も現実味がある」として、三遊亭円楽さんが時期司会者の最有力候補とみています。
昨夏に歌丸が入院したとき、回答者全員が順番で司会を務めた時も円楽の司会ぶりが最も好評でした。
4代目司会者で円楽の師匠の故五代目三遊亭円楽さんが歌丸と親友だったということもあり、後継として指名されることもあるかもしれません。
また、歌丸に次ぐ笑点キャリアの木久扇さんもあるのでは?と林家木久扇を挙げる関係者も中にはいます。
円楽や木久扇の内部昇格となった場合は、空きが1人できます。その空きの回答者には、木久扇の長男、林家木久蔵の起用を指摘する声もあります。