サメ探索ドローン、運用開始

オーストラリアで、いよいよ「サメ事故の警戒&救助ドローン」の運用が開始された。
サメ警戒ドローン「リトルリッパー」は、高解像度カメラでサメを発見し、海水浴客を助けるドローンだ。緊急事態には「医療機器やサメ撃退グッズ、3人乗りの膨張式イカダの入ったポット」を投下しすることで、人をサメから守るという。150分間空中浮遊が可能。
また、現在、サメの種類が識別できるソフトウェアの開発が進められている。
リトルリッパーは、1台あたり25万オーストラリアドル。日本円にして約2000万円と高価なものになった。
ドローン導入地域となったオーストラリアのニューサウスウェールズ州は、昨年14人がサメに襲われ、うち1人は死亡しているという。今後、リトルリッパーが成果をあげれば、さらに40機の追加される見通しだ。
ドローンを使うと人件費が抑えられるため「コストの削減」も期待されているという。
探索・発見はともかく救助の性能はどのようなものなのだろう。海上や広い森林だと、人の目で対象を見つけるのは難しい。まさにドローンの使いどころだ。