群馬、外国人の3割超が生活保護受給

群馬県大泉町では、外国人が人口の16%を占める。そして、生活保護を受給している外国人が2014年度末時点で171人となった。世帯数は97で、町全体の受給者の3割を超えるという。町の予想では、日本語の習得が不十分なため、就労の機会が満足に与えられていないことが引き起こした生活困窮ではないかということだ。
町福祉課によると、2014年度末の生活保護受給者は町全体で527人、世帯数は382。このうち外国人は97世帯171人で、全体の32.4%を占めるという。2010年度末では町全体で262世帯377人、うち外国人は56世帯104人で27.6%だった。ブラジル人が多いそうだ。
町長の村山俊明氏は、外国人の生活保護受給者が年々増えている現状に「日本語がわからない外国人が雇用の場を求めて来ても、解雇されやすい状況が目立っている」と述べ、不安定な就労環境が要因との見方を示した。今後町は、ハローワークなどの求人施設と協力しながら外国人の就労支援を進める方針だという。
近年回復傾向にあるとされている求人就労だが、まだまだすべてにおいてうまくいっているとはいえないようだ。正しい対応が望まれる。