名画座

主に旧作映画を上映する映画館が名画座と呼ばれている。名画座の番組編成は、単に作品を寄せ集めたものから、テーマ別に作品をそろえて上映しているもの、また比較的最近に公開された映画を中心にするもの、公開年次に限らず上映するものまで様々である。2本ないし3本仕立てて上映するところが多く、作品ごとの入れ替え制はなく途中入館が可能である。なので途中で腹ごしらえしてもう1本、ということもできてしまう。最新の音響設備が整った大スクリーンで超大作を鑑賞するのもいいが、昭和の香りが残る名画座で、つい見逃してしまった準新作映画や古典的名作を格安で鑑賞するのも楽しい。近年都内では名画座の閉館が相次いでいる。設備が古かったり、最新の3D作品に対応していなかったり、またレンタルDVDケーブルテレビ放送などが普及している現代、生き残っていくには難しいが、こういった場所が無くなっていってしまうのはやはり寂しい。古き良き昭和の名残を何とか維持して守っていってほしい。