大空港

原作は、緻密な取材でさまざまな業界の内幕を描く、アーサー・ヘイリーのベストセラー小説。上映時間の制限上、省略された人物やエピソードはあるものの、全体としては原作にかなり忠実に映画化されている。脚本・監督は、名作『三十四丁目の奇蹟』(1947)のジョージ・シートン。音楽は、『慕情』(1955)他でアカデミー賞を9回も受賞しているアルフレッド・ニューマンで、作曲後の死去により、この仕事は彼の遺作となった。

出演は、『エルマー・ガントリー/魅せられた男』(1960)でアカデミー主演男優賞に輝いたバート・ランカスター、かつてはジェリー・ルイスと「底抜け」コンビを組み歌手としても有名なディーン・マーティン、『悲しみよこんにちは』(1957)のジーン・セバーグ、『ブリット』(1968)のジャクリーン・ビセット、『暴力脱獄』(1967)でアカデミー助演男優賞を受賞したジョージ・ケネディらといった、オールスター・キャストであった。