監督

日本映画の監督エピソード。

溝口健二監督が役者をより老けたように見せるため抜歯させた。

深作欣二は「仁義なき戦い」のロケの際、より迫力を出すため無許可で街頭でのゲリラ撮影を敢行し、実際にやくざの諍いだと驚いた一般人が逃げ回った。

迫真の演技を観せる、映画ならではのエピソードだ。