潜在看護師の職場復帰支援で講習会 都城

結婚や出産などで離職中の「潜在看護師」を対象にした職場復帰支援セミナーが17日、都城市大岩田町の市郡医師会病院で始まった。30~60代の女性13人が参加。27日までの5日間、講義や実習を通じて看護の知識や技術を学ぶ。

 

今看護師は、全然足りないそうだ。

これからの高齢化社会に向けて今よりも数十万人の看護師が必要とのこと。

そこで注目されているのが「潜在看護師」。

もともと看護師をしていたが結婚や出産を機に退職してしまい、今は看護師をしていない人のこと。

看護師をしていたから、資格は持っている。

その潜在看護師が復職してくれれば、かなりの数を確保できるということで、今注目されているようだ。

その潜在看護師が復職しやすいように支援セミナーを行うとのこと。

他の地域でも積極的に同様のセミナーを実施し、潜在看護師が復職しやすい環境を整えていただきたいものだ。

そして、復職を考える潜在看護師は、看護師転職祝い金を活用して職を探していただければと思います。