地獄の黙示録

地獄の黙示録は、1979年のアメリカ映画。

ベトナム戦争。狂人となりベトナム奥地に帝国を作り暴走しているといわれる、元特殊部隊に所属した優秀な軍人カーツ大佐。彼を暗殺せよとの命令を受けるウィラード大尉。河を上り行き着く果てに見たものは・・?

映像や演出で戦争の狂気を表現しているといった印象の作品。

アメリカにとっての大失敗、ベトナム戦争を題材にするとこうなるのか。
自分の居場所は狂気の戦場しかない、そんな大佐の心情を表現している様に思う。