大規模医療機関同士がIT使い診療情報共有-がん研有明病院と済生会中央病院が協定

がん研究会有明病院と東京都済生会中央病院は18日、がん診療領域や診療情報の共有などで連携を図る契約を結んだ。両病院が不得意な領域を補完し合いなが ら協力体制を築きたい考えだ。両病院によると、大規模な医療機関同士がITを使って互いの診療体制を補完するのは極めて珍しいという。

 

そうなんですか。

こういうことは極めて珍しいんですね。

ITを使うから珍しいのかな?

医学の研究者が集う「学会」というものがあって、そこでは医師が普段行っている研究成果を発表していると聞いたことがある。

でも、「学会」では、自分の研究成果を発表したり、他の医師の研究成果を聴いたりはするけど、医師同士がお互いの研究成果を基に協力したりするわけではないんですかね?

こういった取り組みは、もっともっと積極的に行われていいと思いますけどね。

今回の有明病院や東京都済生会中央病院をはじめとする大規模医療機関への転職を考えている看護師の方は、http://看護師求人高収入.biz/を利用して求人を探してはいかがでしょうか。