市民ケーン

市民ケーンは、1941年のアメリカ映画。
若き日のオーソン・ウェルズが制作・監督・主演まで勤めている。

「薔薇の蕾…」謎の言葉を最後にこの世を去ったケーンは、一時は大統領候補にまで登りつめながら、晩年は孤独だった大富豪である。この言葉の意味を突き止めるよう命じられた記者がケーンの関係者たちを訪ねる。

どれだけ裕福で、傍目には成功したかに思える人生でも、満たされない想いを抱えて孤独に死んでいく主人公。
幼少期の愛情不足からケーンが求めたものは本当は愛だったのだが、それは与えられず、権威と財産だけが与えられる事の悲しさが、これでもかという位に伝わってきて、悲しくなる映画だ。