シンガポール機が火災、乗客は無事

ミラノ行きのシンガポール航空機が27日朝、エンジントラブルでチャンギ空港に引き返し、着陸後にエンジン火災を起こしました。
シンガポール航空および空港関係者によると、乗客は無事ということです。
火災を起こしたのはSQ368便、ボーイング777─300ER型機で、離陸して約2時間後、操縦士からエンジントラブルで引き返すとのアナウンスがあったそうです。
同機は現地時間午前6時50分ごろ、チャンギ空港に着陸後、右エンジンから発火しました。
消火作業が行われ、SIAによると、乗客222人、乗員19人にけがはないそうです。
乗客の方々、皆さんに怪我が無くて良かったです。
今後、トラブルが起きないように点検などはしっかりしてほしいですね。