群馬、外国人の3割超が生活保護受給

群馬県大泉町では、外国人が人口の16%を占める。そして、生活保護を受給している外国人が2014年度末時点で171人となった。世帯数は97で、町全体の受給者の3割を超えるという。町の予想では、日本語の習得が不十分なため、就労の機会が満足に与えられていないことが引き起こした生活困窮ではないかということだ。
町福祉課によると、2014年度末の生活保護受給者は町全体で527人、世帯数は382。このうち外国人は97世帯171人で、全体の32.4%を占めるという。2010年度末では町全体で262世帯377人、うち外国人は56世帯104人で27.6%だった。ブラジル人が多いそうだ。
町長の村山俊明氏は、外国人の生活保護受給者が年々増えている現状に「日本語がわからない外国人が雇用の場を求めて来ても、解雇されやすい状況が目立っている」と述べ、不安定な就労環境が要因との見方を示した。今後町は、ハローワークなどの求人施設と協力しながら外国人の就労支援を進める方針だという。
近年回復傾向にあるとされている求人就労だが、まだまだすべてにおいてうまくいっているとはいえないようだ。正しい対応が望まれる。

下町ロケット、今年最高20.4%

俳優の阿部寛が主演を務めるTBS日曜劇場「下町ロケット」の第8話が6日に放送され、平均視聴率は20.4%だったことが12月7日、分かりました。
2度目の「大台」超えとなり、第5話20.2%を上回って、自己最高を記録しました。
3月18日放送のテレビ朝日系列の「相棒season13」最終回の20.3%を上回り、今年の民放連続ドラマ1位に躍り出ました。
瞬間最高視聴率は、午後9時51分の22.2%。
初回16.1%、第2話17.8%、第3話18.6%、第4話17.1%、第5話20.2%、第6話17.8%、第7話17.9%と推移し、今クールのドラマでは堂々の首位を独走しています。
池井戸氏原作をドラマ化した「半沢直樹」、「ルーズヴェルト・ゲーム」を手掛けた脚本家の八津弘幸氏、演出は福澤克雄氏が三たびタッグを組んでいる「下町ロケット」。
最終回に向けて、今後どのように視聴率をあげていくのか、そこも見ものです。