歴史的な名作、「ローマの休日」

無名だった女優、オードリー・ヘップバーンが一躍大女優となった作品「ローマの休日」。
オードリー・ヘップバーン演じる、ヨーロッパの古い歴史と伝統を持つ某国の王女アンは、表敬訪問中のイタリアのローマで自由のない日々の生活への不満により、お城を抜けだします。自由の身となった王女アンは、アメリカ人新聞記者と出会い、ふたりでローマを観光し、愛が生まれるというストーリーです。
ローマの休日が与えた世界への影響力は計り知れません。
イタリアのローマが観光スポットとして爆発的に人気になったり、スペイン広場でジェラートを食べるシーンが劇中にあったことから、スペイン広場でジェラートを食べることがブームになったりと、様々な影響力を残しました。
また、オードリー・ヘップバーンが劇中で履いていたサンダルは、その後「ヘップバーン・サンダル」と呼ばれるなど、ファッション界にも大きな影響をもたらしました。
不朽の名作「ローマの休日」。まだ見たことのない方はぜひ一度観てください。