西から東へ イージーライダー

コカインの密輸で大金を手にしたビリーとワイアットは、ハーレーに乗って旅に出る。
その際に腕時計を捨てるシーンが印象的だ。

西部開拓とは逆に、西から東へと向かう主人公の二人。
逆行する美意識、という感じ。

セリフは非常に少なく、ひたすら広大なアメリカの風景と、ジミヘンやバーズ等のロックが自由を求める心に響く。

旅のスタートは、ステッペンウフルフのBorn To Be Wildだ。
一切のしがらみから逃れ、自由に生きる決意を象徴していて、素敵である。

http://www.ricklamb.co.uk/